20210524 新型コロナウイルスガイドラインについて

当教室での新型コロナウイルスガイドラインについて

各位

 謹啓 新緑の候とはいえ、とどまることを知らない疫病の広がりに、不安な日々を送られていることと拝察致します。平素は当教室のご利用、ならびに教室営業へのご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 さて、皆様ご承知かとは存じますが、室蘭市内においても新型コロナウイルスの感染が拡大しております。当教室としては、昨年の道単独の緊急事態宣言発出以来、感染拡大予防の徹底により、安全・安心の学習環境を確保すべく、最大限努力しているところではございますが、いつ誰が感染してしまってもおかしくない状況であると考えたことから、当教室独自のガイドラインを、下記の通り策定致しました。

 今後、情勢に応じてこのガイドラインも変更になる可能性もございますが、みなさんの心地よい学びの場を守るため、なにとぞご協力よろしくお願いいたします。

敬白

  【共生舎 新型コロナウイルスガイドライン】

1.策定日  令和3年5月24日

2.主な内容

・平時対応:当教室における感染拡大予防の取り組み

・平時対応:出席される方へのお願い

・有事対応:塾生(受講生)さんの感染疑い、濃厚接触者認定の場合

・有事対応:塾長の感染疑い、濃厚接触者認定の場合

・リモート授業の取り扱いについて

・その他:お知らせとお願い

以上

【共生舎 新型コロナウイルスガイドライン】

 このガイドラインは、共生舎の安心・安全な学習環境を守るために定めるものです。
 皆さんと共に、下記の方針により対策実施して参りたいと思いますので、ご協力よろしくお願い致します。


*平時対応について

 ・当教室は、毎営業日、下記の取り組みを実施します。

  ①設備内消毒・換気の徹底

  ②塾長体温測定

  ③座席間ソーシャルディスタンスの確保

 ・出席される方は、次のことにご協力下さい。

  ①マスクは入室前に、鼻まで完全に着用願います。飲み物を飲む時以外は着用願います。

  ②入室時、トイレ利用後など、手指消毒や手洗いをこまめに実施願います。

  ③入室時に「非接触式体温計」による体温測定を全員に行います。

   37.5℃以上の高熱の方、風邪症状が長引いている方は、入室・出席をお控え願います。

  ④座席は、当面の間完全指定席とさせていただきます。

  ⑤当面の間、当教室での飲食は原則としてお断りとさせていただきます。
  ただし、やむを得ない事情がある場合は、必ず塾長に申し出の上、
  離れた場所で行って下さい。


*有事対応について

 <塾生さん・受講生さん>

 ・学校のクラスに陽性者が確認され、濃厚接触者として検査を受けている場合、検査結果がわかるまでは、出席をお控え下さい。代替措置としてリモートでも対応させていただきます。方法は別途ご案内いたします。

 ・塾生さん、受講生さんおよび、そのご家族の方に陽性者が確認された場合は、ただちに塾長まで連絡し、ご家族の方の全員が所定の療養期間を終えられるまでは、出席をお控え下さい。

 <教室・塾長>

 ・塾長体調不良の際は休業となりますので、授業開始前に出席予定の皆様にご連絡致します。

 ・保健所等から塾長が「濃厚接触者」であると認められた場合、ただちに営業を休止致します。

  プライバシーの配慮と、社会の求める透明性の確保を両立するため、保健所等と協議の上公開可能である情報については可能な限り公開することと致します。

 ・塾長の検査結果が「陰性」であった場合は、原則としてすみやかに営業を再開し、その旨公表致します。

 ・塾長の検査結果が「陽性」であった場合は、次の通りの対応と致します。

  ①「塾長陽性につき休業」の旨公表致します。

  ②塾生にはその旨個別でお伝えしますが、共生舎内での感染のリスクや濃厚接触者の有無、検査の必要性の有無を判定するのは、保健所等となります。その際は、申し訳ございませんが、その指示に従うようにお願い致します

  ③塾長が所定の療養期間を終えるまでは、休業となります。

*リモート対応

 ・Zoom、LINEいずれも対応可能です。Zoomは本日より、授業中接続しておきます。ご希望の方は、ルームIDとパスワードをお伝えしますので、お申し出願います。

 ・万一、休業となる際も、ZoomやLINEでは授業を行うことも可能ですので、その際も別途、ご案内申し上げます。

*その他(お願い)

 ・室蘭市内の現時点での感染拡大状況からも、もう「いつ、どこで、だれが感染しても、おかしくない」状況にあります。

  当教室としては、引き続き、最大限の教室内での感染拡大防止の取り組みや、塾長自身の体調管理の徹底を継続して参りますが、「いつ、どこで、だれが感染しても、おかしくない」という状況は、どこに行っても同じであることを、どうかご理解の上ご利用頂きますよう、お願い申し上げます。

 ・万一の際、保健所等行政と連携し、必要となる措置を速やかに講じることと致します。可能な限り検査や正確な情報の共有が速やかに進むことについて協力致しますが、塾内クラスターかどうかを判定するのも、保健所等の行政となります。

  保健所等行政からの正確な情報開示がないうちに、「どこで感染者が出たので気をつけろ」などの噂が、思わぬ形でひとり歩きしている事例も多数見受けられます。皆さんも塾長も、いつどこで感染するかわかりません。

  自分が、家族が、感染してしまった時に、言われてしまったらどう思いますか?

 みんなのプライバシー、心の平安を守るためにも、情報の扱い方については、くれぐれも注意し、保健所等行政からの確定情報以外はむやみに触れ回ることのないようにしましょう。

<附則>

 このガイドラインは、令和3年5月24日をもって発効するものとします。

 ただし、今後、状況に応じて内容が変更される場合もあります。