学習塾利用規約

この規約は、共生舎(以下「当塾」とします)に通塾される方およびその保護者様(以下「塾生等」とします)を対象とし、下記の通り必要な事項を定めるものです。
塾生等は、下記の内容を理解し、同意の上で当塾を利用するものとします。

第1章 授業に関する事項

第1条 【開講コースの種類】
当塾で開講するコースは、次の各号によるものと致します。
一 1時間単位の「スポットコース」(学生・一般)
 ※学生のみ90分の設定あり(令和2年1月新設)
二 2時間以上の「じっくりコース」(学生のみ)
三 季節の休暇ごとの「講習会」(学生のみ)
四 適宜コースを編成して行う「特別講習」(学生・一般)

第2条 【クラス編成】
 当塾は、基本的に学年、習熟度別のクラス編成は行なっておりません。ただし、試験前の混雑期等、教室運営の都合上、ご利用に際し通常ご利用いただいている時間と異なる時間帯でのご案内もあるものと致します。

第3条 【受付時刻】
 当塾の受付時刻は、原則として次の各号によるものと致します。
一 学生にあっては、平日午後4時から午後8時まで、及び土曜午後2時から午後4時までのうち、別途開講要領に定める時間帯
二 一般受講生及び、特別な事情につき事前に申し出があった学生については、当塾と塾生等とが都度協議の上定める時間帯

第4条 【講習会・特別講習】
 講習会は、時間割・料金等の諸条件を事前にお知らせし、特別講習は、原則として土曜日、日曜日、祝日を中心に、塾生等と都度協議の上開講致します。

第5条 【指導方針・教材】
 ①当塾は試験の得点アップのみを目的としておらず、学校の科目でいう「総合学習」も取り入れ、常に「学びの先」を意識させることを第一義としております。保護者様以外にも地域の方が顔を出したり、塾生同士での世界観を大切にするためにぎやかにすることを許可する場面もあります。これらの点につき、あらかじめご了承願います。
 ②当塾では、学ばれる方の習熟度等に応じた指導を、ほぼ個別指導(必要に応じて集団指導)により行いますので、学校等の課題の持ち込みやワークのご持参を推奨致します。教材の斡旋、提供は必要に応じて行いますので、お気軽にご相談下さい。
 ③市販の単語帳や講習会テキスト等、教材指定を行う場合もございます。その際は事前にご連絡致しますので、別途お買い求め願います。

第2章 入退塾に関する事項

第6条 【受入方針】
 当塾は、あらゆる方に広く開かれた学びの場を目指しておりますので、本規約ならびに塾生等心得をご理解いただいた方であれば、どなたでも何度でも、他塾との掛け持ちでも、歓迎致します。

第7条 【入塾手続き】
 入塾を希望される際は、「エントリーシート」および「規約等に関する同意書」に必要事項を記入の上、入会費と合わせて当塾へ提出願います。ただし、講習会生や特別講習の受講生は、この限りではありません。

第8条 【通常退塾】
 ①次の各号のいずれかに該当する場合は、通常退塾と致します。ただし、講習会生や特別講習の受講生は、この限りではありません。
 一 所属学校の卒業、転塾、転居などの事由により、当塾を今後利用する見込みがなくなったとき。
 二 前回のご受講から連絡なく3ヶ月以上受講をしなかったとき。なお、連絡等により塾長が塾生等の状況を把握している場合は、この限りではありません。
 ②前項第一号による通常退塾については、できるだけ退塾の1週間前までに塾長に申し出願います。ただし真にやむを得ない場合は、この限りではありません。
 ③通常退塾後の再利用については、前回のご受講日から3年間は、入塾の再手続きを不要とし、3年以上経過している場合は、再手続きを要するものとします。

第9条 【強制退塾処分】
 次の各号のいずれかに該当する場合は、強制退塾処分とし、今後のご利用をお断りいたします。
 一 特別の事情なく、あるいは当塾への事前の相談なく、授業料を3ヶ月以上滞納したとき。ただし、特別の事情がある場合においても、真にやむを得ない事情がある場合を除き、1年以内に一部入金のない場合は、強制退塾処分と致します。
 二 他の塾生等や当塾に対し、著しく迷惑を被らせる行為をした場合。
 三 軽微な迷惑行為や禁止事項について、是正指示を守らず反復継続して行う場合。

第3章 出席・欠席・休講について

第10条 【出席】
 塾生等は、あらかじめ出席日時を取り決めるか、もしくは極力前日までに、出席希望日を塾長が把握できる状態にするようご協力願います。出席見込みの状況によっては、当日の出席希望にお応えできない場合もございますので、ご了承願います。

第11条 【欠席】
 欠席の場合は、できるだけ出席予定時刻の30分前までに当塾へご連絡願います。

第12条 【休講の取り扱い】
 ①当塾は原則として、毎週日曜日を休講致します。
 ②次の各号のいずれかに該当する場合は、臨時休講と致します。
 一 平日午後8時、および土曜午後4時までに、塾生が出席しない場合。ただしこの時間以降に止むを得ず出席することを塾長が把握している場合は、この限りにありません。
 二 著しい悪天候やその見込みがある場合や、インフルエンザ等疫病の流行など、休講が相当であると認められるとき。
 三 講師の都合上、止むを得ず休講せざるを得ないとき。
 四 その他、当塾が必要と認めた場合。
 ②当塾は、毎月の予定表をもって休講予定日を塾生等に周知するほか、臨時休講の際は極力塾生等へ事前に連絡するものとします。また、当塾ホームページ ( http://m-kyouseisha.com )やFacebook等においてもご案内致しますので、随時ご確認願います。

第13条 【講座の振替】
 当塾は、臨時休講等による授業の振替を、双方協議の上行うものとします。

第4章 納入費用について

第14条 【納入費用の種類】
 当塾における納入費用は、次の各号の通りと致します。
 一 入会費…教室維持のため、入塾時に、所定の金額をお支払いいただきます。ただし、紹介やキャンペーンにより免除となる場合もございます。
 二 教材費…原則として不要ですが、講習会やメニュー等によっては、必要に応じて別途申し受ける場合がございます。
 三 空調費…原則として、毎月もしくは1月・7月に所定の金額をお支払い頂きます。
 四 授業料…都度、または月額一括のいずれかにより、当月内に所定の金額をお支払い頂きます。

第15条 【授業料の算定・納入方法】
 ①授業料は出席回数に応じて算定致します。学生については、当月分の「じっくりコース」9回分の金額を上限額とし、それ以降の出席は当月無料と致します。また、毎月10日(当教室休講の場合は翌営業日)までに当月分を前納いただける場合、ささやかながら割引させて頂きます。
 ②兄弟姉妹での在籍、および経済困難による授業料の割引も行いますので、お気軽にご相談願います。
 ③お支払いは、都度か一括かをお選び頂けますが、一括の場合は遅くとも当月中の納付にご協力願います。

第16条 【授業料の返金の取り扱い】
 一度納入されました授業料は、当塾の都合による場合や、それに準ずる場合を除いては、いかなる事由によっても返金致しかねます。

第5章 その他事項

第17条 【心得の遵守】
 塾生等は、別途定める「塾生等心得」を遵守するものとします。

第18条 【紛失物、遺失物等の取り扱い】
 ①通塾時間中の私物の紛失については、当塾は一切の責を負わないものとします。
 ②忘れ物については、当塾にて一定期間保管した後、持主が現れない場合は処分致します。

第19条 【損害賠償】
 教室利用中またはその前後において、当塾設備や備品等に損害を与えた場合には、当塾は該当する塾生等に対して実費を弁償していただきます。

第20条 【免責】
 ①万一、教室内において病気の発症や負傷等があった場合や、もしくは通塾時の事故等が発生した場合、ご家族への連絡や応急措置等は可能な限り致しますが、当塾は一切の責を負わないものとします。
 ②当塾のご利用にあたり、塾生等の間、もしくは塾生等と第三者との間で紛争が生じた場合、塾生等は自己の責任によりこれを解決するものとします。

第21条 【クーリングオフ】
 ①塾生等は、当塾へ「エントリーシート」「規約等に関する同意書」を提出した日より8日間は、クーリングオフを行うことができるものとします。この場合、納入された入会金は返金致します。
 ②クーリングオフを行う塾生等が、授業料の前納を行っていた場合、ご利用いただいた授業料相当を差し引きして返金致します。

第22条 【個人情報】
 ①塾生等から頂いた個人情報は、当塾の業務運営管理以外には使用致しません。ただし、捜査機関等より情報の開示を求められた場合や、体験記等への利用につき、所属学校や成績の情報について、塾生等の同意があった場合は、この限りにありません。
 ②塾生等からお預かりした個人情報は、退塾より3年間当塾で保管した後、破棄させていただきます。

第23条 【規約等の改定】
 本規約および塾生等心得は、予告なく改訂することがあります。改定後は、塾生等に周知の上、新しい規約を適用するものとします。

第24条 【その他】
 前条までに掲げる項目にない事柄については、当塾と塾生等との協議により定めるものとします。

附則

本規約は、令和2年2月1日をもって制定とします。
本規約は、令和2年4月1日以降在籍の塾生等について適用します。制定から適用までの期間、当塾は本規約にかかる意見交換や周知に努めるものとします。