試みと気づき

令和2年2月5日(水)
・小学生の部 6名(うち体験1名)
 明日の単元テストに備えた重点確認と、漢検学習、家庭学習の補助指導、体験しながらの歴史と英語の科目横断指導です。

 この時間帯に、古銭に興味を持った子がいて、ちょっとしたレクチャーです。

 このお金。今も使えるでしょうか?また、紙の質と大きさと時代に関係はありそうではないでしょうか?飾っても研究にでも、ということで、網走にいる塾長の母が持たせてくれた古いお札たちです。

・中高生 8名 (中1 4名、中3 3名、高1 1名)
中1生は学力テストの感触の把握と、学年末テストに向けた強化指導です。
中3生は基本問題の反復と、一部関数の応用問題へのアタック。
高1生は英熟語、漢文、情報。漢文では意味とイメージを、音で関連づけるという、語学の王道パターンを伝えました。

実は中1の地理の指導に、前々から実践したかったことでしたが、
少し「探求」的な要素を盛り込みました。

・気になった教科書内の語句を3つ書く。
・書いたら同学年生で交換し、説明を書かせる。
 教科書や歴史の参考書等を利用してもよい。
・最後にまた別の学生に回し、書いた説明に対しての「ツッコミ」をしてもらう。

中1の学生さんたちは、調べ学習が「面倒臭い」とは言っていました。
それでも、ちゃんと指示したことは守って真面目に取り組みました。
(一部落書き?があるのはご愛敬です。笑)

最後の仕上げに、気になった語句で一番調べるのに労力を使った項目について
塾長から「◯◯について知るところを教えてください」とインタビュー。
単語レベルですが、どんどん言葉が出てきます。おそらく、こういった「調べたことをすぐ使う」という機会が、あまりなかったのかな?と思うと、面倒くさがっている調べ学習にも、彼らの手で独自のやりかたを開発してくれるようになるかもしれないという直感がしました。

感想を聞いてみると
「面倒臭いのはあったけど、普通に授業されるよりはよかった」
「この3つのポイントは自信が持てた」
という反応でした。いつも通り「思ったことを遠慮しないで教えてね」「つまらないと思ったら、つまらなかったポイントを教えてほしい」と言うと「特にない」という反応でした。(でももっと改善点はあったはず…もっとやり方を私も探求したいです。)

中3生も、少しずつ目の色が変わってきています。できることとできないことをまず見分けて、その中で何に力を注ぐかという段階に入ってきているように思います。

高1生は漢文でしたが、学校から出されているプリントがとてもよくまとまっていて、さすがは学校の先生だと思いました。

このように、今日は新しい取り組みや、新しい視点に立っての授業が、少しダイナミックになってきたように思いました。

立春・大安

令和2年2月4日(火)
・一般の部 出席者1名
 英語会話練習と表現の演習、語彙の確認です。

・出席者7名(中1 4名、中3 2名、高1 1名)
中1生は学力テスト直前、苦手なところや学校で出席できなかったところの確認です。
あどけなさがまだ残る中1生たちでしたが、今日はみんな、目の色が変わっていたように思います。
中3生は引き続き基礎問題演習、高1生は英単語・熟語の整理です。

暦はもう2月を迎え、立春らしく今日は暖かい1日でした。教室にいると、ドカドカと雪が溶けて流れる音が聞こえました。

昨日、2名の塾生の合格のお礼参りに、室蘭八幡宮を参詣したところ、節分のお祓いがあったので、初めてお祓いを受けてきました。厄年ではないのですが、どんな形であっても、いままで関わってくださった方々への感謝と、今年から慎みの気持ちを今まで以上に持ちたいという思いでいます。

そして迎えた大安の今日、今まで温めていたサイトリニューアルを行いました。これからまた情報やコーナーを足したりすることにはなろうかと思いますが、前回のように入り口がたくさんあるようなことにはならないようにしたいと思います。

節分2020

令和2年2月3日(月)
・出席者6名(中1 3名、中2 1名、中3 2名)
中1・2年生は、2月5日開催の学力テスト前の、不明箇所確認です。ワークの基本部分や、学校から配布のあった学力テストの過去問から、必要なところをかいつまんで説明。
中3生は、とにかく手持ちの問題集等で基礎の徹底確認でした。

節分ということで、教室で、豆まきを行いました。

1枚目、鬼の塾長。滅多に言わない「テスト前その体たらくで大丈夫なのか?」と煽って、学生さんの反骨心を引き出そうとするも、みんな手加減してぶつけてきます。中には塾長に当てなかった子も。

2・3枚目、一番ノリノリだった子は、豆を拾い集めて片付けかと思いきや、袋にもどしてすべて私にぶつけてきました。そうそう、それぐらいの勢いでいいんですよ!笑

節分バズーカ、組み立てが結構大変なのですが、どうにかこうにかみんなで組み立てました。

撒いた豆は、みんなで仲良く食べました。

保護者さんからも差し入れ、ありがとうございました!

ホームページ移転リニューアルについて

当「共生舎」のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

2016年の開業に伴い、ホームページを開設しましたが、ホームページが次第に複雑になってしまい、情報の集約の必要性が生じたため、移転リニューアルをいたしました。

新しいURLは
http://m-kyouseisha.com

でございます。

新しいサイトでは、よりタイムリーに最新情報をお伝えできればと思います。

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和2年2月4日
共生舎 髙橋 慎吾