20201231 令和2年営業終了によせて

いつも当教室のページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今年は当教室創業4周年を迎えた矢先、新型コロナウイルスの影響で2週間の休業、そして休業明けからは、私自身も積極的にウイルスのことを調べ、可能な限り最大限の感染予防対策を講じながらの営業を継続してまいりました。

また、未曾有の事態ということもあり、学生さんたちの気持ちに寄り添うことが従来以上に重要となったと同時に、学習の促進・進度の確保、場合によっては生活態度に関する指導等も行う必要があり、そのバランスをとることに難航したこともありました。

それでも、たくさんの方々のお力添えをいただき、おかげさまで昨日無事今年度の授業日程を全て終了致しました。重ね重ね厚く御礼申し上げます。

来年の営業は、5周年記念の1月4日からとなります。

本来でしたら、みなさまにお会いして、この記念すべき5周年の喜びを分かち合い、感謝の念をお伝えしたいところではございますが、あいにく新型コロナウイルスの感染拡大状況を考慮し、当日はイベント等を行わず、通常授業からのスタートとさせていただきますことを、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

簡単ではございますが、以上をもちまして令和2年営業終了にかかるご挨拶とさせていただきます。皆様におかれましては、健康に留意され、よいお年を迎えられますよう、心よりご祈念申し上げます。

令和2年12月31日

共生舎 代表 髙橋 慎吾

20201231 第1回英数入試プレテスト結果【数学】

【数学】受験者数 3名(全て学校裁量問題選択者) 平均点24点

【出題の意図】入試の出題範囲が縮小となることから、本番はやや難化が予想されます。今回はそれに対応する第一歩として「見たことがない問題が出たらどうする?」のシミュレーションを意識しています。「困ったら視点を変えよ」のメッセージを込めました。

今回は標準問題選択者がいなかったため、裁量問題ベースでの講評です。

大問2 小問集合・中級
 受験者3名とも、数学のスキルは中級以上ですが、「学校裁量」形式でのテストでの動揺もあったのか、ケアレスミスが散見されました。経験を積むことで解消されるものと考えます。

大問3 統計
 面倒ではありますが、基本的な知識や統計的センスがあればかなり簡単な部類です。母数が10,000と2,000になっているので、2,000になっているほうを5倍すると比較しやすくなります。

大問4 関数のグラフと面積
 よくある問題です。共有点の座標は連立方程式で求めます。問3は変形四角形で、y軸で2つの三角形に分けると展望が見えやすくなります。y軸側で底辺を考えると、それぞれのx座標の絶対値が高さになります。

大問5 図形の証明
 問1は合同な図形のあぶりだし、辺の長さや角度が同じ場所を考えると、ちょっと面倒でも解きやすいほうです。一部でも解答すると中間点がつくので、わかるだけ爪痕を解答用紙に残すことが大切です。問2は見方を変える問題。共通な底辺を取った時、高さの比が1:2になることは、わかりましたでしょうか?

大問6(裁量) 小問集合・上級
 問1は「解と係数の関係」を知っていれば一発で解けますが、高校生か、あるいは難関私立を受験する学生さんが他塾などで教わるかなどをしなければ、普通中学生で触れることはありません。2つの解を連立方程式にして解いて、(x-α)(x-β)=0にして展開したとき、与えられた式と等しくなることを考えます。
 問2は、もしかしたら教科書ワークのB問題に類題があるかもしれません。立式した後の因数分解が少し大変ですが、たして60、かけて-7200になる→どちらも5の倍数?を思いつければよいですね。
 問3は、tは必ずしも正とは限らないことに注意です。特別な条件が与えられているわけではないので、正負ともに存在します。これを踏まえての(2)では、a=0では傾きができないので、必ずa>0になります。どこに点Pがあれば傾きが最大になるかを考える必要があります。

20201206 英数入試プレテストについて

いつも当教室のウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当教室では、例年1〜2月にかけて、公立高校入試のみならず、私立高校入試なども視野に含め、形式を公立高校入試にできるだけ準拠させている「英数入試プレテスト」を実施しております。

基礎からいわゆる難関私立・学校裁量級まで、あらゆるレベルに対応しています。

前回は新型コロナウィルスの感染による休業等もあり、1回のみの開催となりました。
今回は、入試に向けた早めの意識づくりのため、第1回目の開催日を早めにしました。

【第1回英数入試プレテスト 開催要領】

*日程
 令和2年12月19日(土) 13:00〜17:00
 ・13:00〜13:10 オリエンテーション
 ・13:15〜14:00 数学試験
 ・14:10〜14:55 英語試験
 ・15:05〜17:00 解説(途中休憩有)

*現在問題を作成中で、英語は未定ですが、数学は学校裁量向問題も用意します。

*教室は感染拡大対策を講じておりますが、混雑回避のため、次の取り扱いと致しますのでご了承下さい。
 ①完全予約制といたします。
 ②定員は10名といたします。
 ③教室内では可能な限りマスク着用をお願い致します。
 ④体調不良や日程が合わない場合、相談の上日曜日に振替対応させていただくこともございますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。特に体調不良の場合は決して無理して出席しないようにして下さい。

*料金は2科目テスト+解説で、1回につき3,000円(塾生・紹介生は2,500円)です。

*お申し込みは、お電話・メール・SNS等、連絡がつく方法でしたらいずれによっても構いませんので、前日(令和2年12月18日)の18時までにお願い致します。なお、お問い合わせもどうぞご遠慮なくお願い致します。

お申し込み・お問い合わせ

電話 090−6878−7168
メール official_taka@hotmail.com
SNSはFacebook, Twitter, Lineも可です。

※当教室は他教室との掛け持ちを認めておりますので、他塾生さんもこのプレテストを受験可としております。腕試しにもどうぞご利用くださいませ。

20201206 塾生募集再開について

いつも当教室のウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当教室では、12月より各曜日の出席者が変更となったため、次の時間帯において若干名の塾生募集を行います。

募集枠について

① 火曜日 17:00〜21:30までの間で最大2時間半程度。
 前半・後半各2〜3名程度ずつが理想。

② 木曜日 17:00〜21:30までの間で最大2時間半程度。
 前半・後半各2〜3名程度ずつが理想。

③ 土曜日 15:00〜18:00までの間で最大2時間半程度。
 ※今月は5日・26日のみです。
 16〜18時は専門学校生対応、18時以降は大学受験生対応が中心となるため、
 15:00〜16:00のご利用をお勧めします。
 以降も教室内での学習は可ですが、指導が手薄となることをご了承下さい。

※月・水・金の19〜21時は満席に近いため、当面募集を停止します。
(振替対応は可能としますが、指導が手薄になる可能性もあります。ご了承ください。)

教室の特色

可能な限り、生徒が学びの主導権を握る教室です。
あらゆるレベルの学生さんが一堂に集います。
あらゆる学校から学生さんが一堂に集います。

詰め込みではなく、塾生のその時々の状況に応じたクラスづくりになるため、
曜日や時間帯によっては、にぎやかになることもあります。

通うご家庭や学生さんのライフスタイル、学年等に応じて、
通い放題プランの設定などもあります。

受験生は通い放題プランを利用していますが、受験のない学生さんは、
出席日と時間を定めてのご利用をお勧めしています。

お問い合わせ

電話 090−6878−7168、メール official_taka@hotmail.com
※お電話が最も確実です。電話に出られないこともありますが、こちらからかけ直させていただきます。

よろしくお願いいたします。